印鑑の形状の一つ、天丸について

印鑑の形状でポピュラーなのは、寸銅タイプと、もう一つあります。
上部が丸く、途中がくぼんだ形の、天丸タイプですね。
会社で使われる実印や銀行印は、この天丸タイプが主流となっています。

  • 
  • 印鑑即日発送OK!高品質印鑑の激安通販は【印鑑卸売市場】
  • 実印を取り扱う印鑑卸売市場は高品質の実印・銀行印・ゴム印を作成してメーカー卸価格で販売している、印章の総合通販店。印鑑、角印、社印など印章商品の品質と価格に絶対の自信があり、実印の最短即日発送も承っております。印鑑10年保証。

これは、やはり、天丸タイプのほうが、威厳があるからでしょう。
個人の印鑑とも区別しやすく、手にもなじみやすいものです。
また、天丸タイプは、通常はキャップが付いています。
これにより印面が保護されるので、保管しやすい、ということもあります。

会社印として使う場合、長く使うことになります。
だから、保管状態の良い天丸タイプを、ということになるわけですね。
天丸タイプは、会社印の定番といって良いでしょう。

ただ、その分、天丸タイプは加工に手間がかかるので、価格が少し高くなります。
また、保管場所の湿度や気温により、キャップのしまりが悪くなることもあります。
寸胴タイプはケースに入れて持ち運びしやすく、ケースを選ぶ楽しさもあります。
これに対し、天丸タイプは、持ち運びするのには不向きです。

起業・開業・会社設立の時、まず実印・銀行印・角印の、印鑑3本セットを作ります。
この場合、実印・銀行印の区別がつきやすい、寸胴・天丸・角印のセットが一般的です。

天丸タイプは、印面が丸型のものと、角型の、所謂角印があります。
角印は、法的には使われませんが、領収書等に、社名・団体名とともに捺印されます。

このように、法人の認印として使われるのが一般的な使われ方です。