印鑑の形状の一つ、寸銅について

印鑑の形状には、いくつかのタイプがあります。
一番ポピュラーなのは、やはり、寸胴タイプですね。
寸胴には、丸型と、角型があります。

ちょうど、印鑑を立てたとき、円柱か、角柱の形になるものです。

  • 
  • 印鑑即日発送OK!高品質印鑑の激安通販は【印鑑卸売市場】
  • 実印を取り扱う印鑑卸売市場は高品質の実印・銀行印・ゴム印を作成してメーカー卸価格で販売している、印章の総合通販店。印鑑、角印、社印など印章商品の品質と価格に絶対の自信があり、実印の最短即日発送も承っております。印鑑10年保証。

印鑑の印影には、丸型と角型の二種類があります。
印影の形により、寸胴も、丸型か角型になるわけです。
寸胴タイプがポピュラーなのは、加工が簡単なことがあります。
このため価格的に手ごろで、キャップも必要ないからですね。

また、寸胴タイプは、ケースに入れて持ち運びしやすいこともあります。
これ以外、書体によっては、寸胴タイプでしか作れない場合もあります。

ただ、寸胴タイプは、法人の代表印や、銀行印には、不向きとされます。
これは、ポピュラーすぎて、風格にかけるからでしょう。
勿論、寸胴タイプでも、代表印などに使うのは構いません。
この場合、所謂当たりは付けないことになっています。

当たりとは、印鑑の上下がわかるように付ける、溝や目印です。
重要書類などに押印する際、自分の目で、印面を確かめて、押すのが慣わしです。
このため、当たりは付ける必要がなくなるわけです。
また、印鑑は自分の分身のようなものなので、自分の体には傷を付けない。
こうした意味もあるようです。

実用性なら寸胴タイプで、格式を重んじるなら、天丸タイプなどのものになるわけですね。
会社設立などで印鑑を作成するときは、寸胴・天丸・角印。

銀行印と実印を区別しやすいよう、この三点セットで作るのが一般的です。