印鑑とスタンプの違いって?

印鑑とスタンプの違いとは何でしょうか? 印鑑といえば、印鑑証明や銀行印など。 つまり、何らかの証明として使われるものを連想しますが、 スタンプというと、買い物をしたときにサービスカードなどに押してもらうもの。 他にも、観光地などで記念に押してもらうもの。 このような、軽いものをイメージしますね。

通常は、印鑑とは、重要な書類などで使われるもの。
スタンプは、ちょっとしたデスクワークや、荷物の仕分けなどで使われるもの。
いわゆるゴム印のようなもの。
これくらいの認識の違いでしょうか。

印鑑は、何らかの証明として使われますが、スタンプは、もっと気軽に使えるもの。
というわけで、スタンプの場合、自分でオリジナルのものを作る楽しみもあります。
子どもの頃に、芋版を作ったことがあるかもしれませんね。
このように、手軽に作れて、いろいろなところで使うのも、スタンプの楽しみです。

街中のはんこ屋さんで、オリジナルのゴム印を作ってくれるところもあります。
ゴム印の製作キットもあります。
手紙を出すときに、差出人のところにゴム印を押す人もいます。
このように、サイン代わりに使うことも出来ますね。

ただ、ゴム印は、逆に銀行や役所では使えない、ということは知っておくべきでしょう。
ゴムの場合、劣化しやすいので、印面が変わってしまう恐れがあるからです。
よく使われている、シャチハタは、インク内臓で使いやすいですね。
でも、押した後、インクがにじんで印影が変わる恐れがあるのです。
このため、たいていの公的機関では使えないのです。

このため、シャチハタも、スタンプ、ということになります。