印鑑とはんことは

印鑑とはんことは、どう違うの?

印鑑イメージ

印鑑とはんことは、どう違うのでしょうか? 一般的には、同じであり、呼び方だけの違いといって良いでしょう。
書留郵便や、宅急便などの荷物を受け取るときはどうでしょう。 「はんこをお願いします」と言われますね。
でも、印鑑をお願いします、とは言われません。

印鑑は、印鑑登録されたものや、銀行印など、公的な場で使われるもの。
はんこは、認印や訂正印など、日常生活で一般的に使われるもの。
この程度の違いの認識かもしれません。

印鑑は、昔は印判とも呼ばれましたが、今は、印鑑が一般的です。
はんこは、漢字だと判子と書きます。
本当は、版行と書き、ハンコウと読むのが正しいようです。
他にも、印章、印、判などの言い方があります。
でも、どれも同じ意味と考えて良いでしょう。

また、はんこは、そのもの自体のことを言い、印鑑は、はんこを押した後の印影のこと。
このような違いを指摘する場合もあるようです。
つまり、印鑑登録されたものは、その印影が意味を成すのです。
はんこ自体が、短くなったりして形状が変わっても問題なし。
印影が変わらなければ、印鑑として有効、ということになるのです。

つまり、印鑑登録する際、はんこの材質や形状までは対象としない、というわけですね。
ただし、材質や大きさの制限はあります。
まあ、しかし、ここまで細かく考えなくても、要は同じ、と考えて差し支えありませんね。

ただ、ビジネスの場などで、文書にはんこをもらうときを考えてみます。
「ここに印鑑をください」というのは、厳密には、間違い、ということになります。
少しうるさい上司だと、こうした細かいところを指摘する場合もあるでしょう。
一応、印鑑とはんこの違いは知っておいたほうが良いかもしれませんね。

ページの先頭へ